ヘモグロビンa1cはとても重要な栄養素|糖質を分解してくれる

シニア女性

血糖値の指標になる検査値

体内

ヘモグロビンa1cは三ヶ月程度の間の血糖値の平均的な値を反映するものであり、食後の血糖値の上昇があるかの判断に用いられます。血糖値を下げる健康食品の多くは直接血糖値を下げるのではなく、血糖値の上昇を緩やかにしてヘモグロビンa1cを下げるのが特徴です。

詳しくはこちら

糖尿病やメタボとの関係性

血

ヘモグロビンa1cが高いと、糖尿病などの発症の確率が高くなります。予防のためには、食事や運動の見直しや工夫を加える他、特保のお茶など、血糖値を穏やかに吸収してくれるアイテムを併用することで、改善を図ることができます。

詳しくはこちら

糖尿病の予防のため

血液

糖質とヘモグロビンの結合

糖質は細胞にとって必要不可欠な栄養分なので、毎日の食事でコンスタントに摂取することが大事です。摂取した糖質は、血液に溶け込むことで全身の細胞に送り届けられます。しかし細胞が受け取ることのできる糖質の量は限られているので、それを上回る量を摂取した場合には、糖質は血中に残ったままとなります。そしてヘモグロビンと結合するのですが、これをヘモグロビンa1cといいます。血中のヘモグロビンa1cの量は、糖質の過剰摂取により増えていきます。そして増えた状態が続くと、糖尿病の発症リスクが高くなっていきます。つまり血中のヘモグロビンa1cを減らせば、糖尿病予防が可能になるということです。そしてそのために多くの人が、糖質の摂取を控えるという努力をおこなっています。

健康食品の利用

糖質は、ご飯やパンなどの主食に多く含まれています。そのため糖質の摂取量を減らすには、毎日の食事で主食の量を少なくすることが肝心となります。しかし主食が好きな人にとっては、これは簡単に実行できることではありません。そのため昨今では、主食を食べつつヘモグロビンa1cを減らすことができるという健康食品が販売されるようになっています。具体的には、含まれている糖質の量が少ないパンや、摂取した糖質を体に吸収させないサプリメントなどです。これらを利用すれば、たとえ毎日の食事でしっかりと主食を食べたとしても、血液に溶け込む糖質の量は少なくなります。その分ヘモグロビンa1cの数値は下がっていきますし、糖尿病の発症リスクも低下することになるのです。

糖尿病の予防

笑顔の女の人

糖尿病予防のためのサプリメントは、服用することでヘモグロビンa1cの値に変化が見られることが多く、人気があります。ヘモグロビンa1cの値が高い場合には、一定期間高血糖状態が続いていたと考えられますので、体調に気を配ることが必要です。

詳しくはこちら