ヘモグロビンa1cはとても重要な栄養素|糖質を分解してくれる

シニア

血糖値の指標になる検査値

体内

三ヶ月程度の平均的な高さ

ヘモグロビンa1cは血糖値の指標になる検査値として糖尿病の疑いがある際にはよく着目されます。血糖値がその瞬間の血液中の糖分の濃度を示しているのに対して、ヘモグロビンa1cは三ヶ月程度の間の血糖値の平均的な高さを示している値になるのが特徴です。血糖値が高い状態は血管や腎臓に負担になってしまいますが、通常は絶食時に測定する血糖値は低くても、食事をした後には飛び抜けて高くなってしまう人もいます。そのような人の糖尿病リスクを調べるのにヘモグロビンa1cが役に立ちます。血糖値を下げて糖尿病やその合併症の予防をしていく際には血糖値と並行してヘモグロビンa1cの値を下げることを目指すようになっているのが現状です。

血糖値を下げる食品の注意

血糖値を下げる健康食品やサプリメントが多数ありますが、その多くは血糖値を直接下げるのではなくヘモグロビンa1cを下げることができるものであることには注意しておきましょう。食べたり飲んだりすることによって直接的に血糖値を下げる効果があるわけではないため、それによって低血糖を起こしてしまうリスクはほとんどありません。しかし、特に食事によって血糖値が上昇してしまう速度を緩やかにすることができるため、ヘモグロビンa1cを下げることに寄与するのです。このため、慢性的に血糖値が高い人よりも食事によって血糖値が急激に高くなってしまう人に対してより高い効果を期待できるのが多くの健康食品やサプリメントの特徴となっています。